トラベル塾

旅行についての特集サイトです。

東京喰種

概要と聖地

東京喰種は、漫画としてスタートした物語でその後アニメとして漫画と同じように第1期と第2期に分かれています。
この東京喰種は、現在の東京を舞台にしている物語で、人の姿をしており、人肉を食べることができる怪人たちを喰種と呼ぶ作品です。
ダークファンタジーのコンセプトとなっており、現代の東京が舞台となっているため多くの聖地を巡礼することができます。

作品のタイトルとなっている東京喰種の中に東京が含まれており東京は現在日本国の首都で関東地方に位置しています。
広域地方公共団体となっており東京特別区と多摩地区そして島嶼部から構成されています。
日本の人口のおよそ10%以上が住んでいるこの東京を舞台となっている東京喰種では、いろんな場所が登場しており再現されております。

主な聖地

東京喰種の聖地として、最初に考えられるのが東京の新宿区歌舞伎町にある新宿区役所通り交差点です。
この場所は、第一話で登場しており主人公のカネキが半喰種となって歩きまわる場面になります。

同じように登場する場所が、都内豊島区東池袋にある池袋東口五差路となっているミルキーウェイです。
こちらも登場する場面なので大変印象に残ります。

主人公が喰種となっていたこの東京喰種のキーパーソンとなる女性リゼと一緒に歩いていた高架下が呉服橋ガードになります。
このカード下は千代田区大手町2丁目にあります。

第二話では、二子新地駅から徒歩で20分程にある玉川第三京阪付近の河川敷があります。
実際の場所と瓜二つの映像として再現されています。
主人公と友人たちが道端で鯛焼きを食べるシーンがありますが、これは武蔵野市吉祥寺本町にあるお店です。
また渋谷ハチ公前の薬屋さんも同じ映像となっており実際の風景と一致しています。

喰種対策局と呼ばれる国の行政機関が東京喰種の世界では存在しており、CCGと呼ばれています。
このCCG本部が東京都千代田区九段南1丁目の設定されており、東京喰種のファンの中では重要な聖地として位置づけられています。

東京都練馬区には、東京喰種て登場する喫茶店とファミリーレストランがあります。
東京喰種の聖地として有名な喫茶店で、そして主人公が入っていたハンバーグレストランも存在しています。
ハンバーグレストランの建物だけが採用されていましたが実際は目白通りにあるファミリーレストランが参考にされて再現されております。

東京喰種では聖地としてコラボカフェが存在しております。
秋葉原行から徒歩2分になるこちらのコラボカフェでは、東京喰種のコラボメニューは豊富に用意されております。
その他にもコラボカラオケができるお店が秋葉原と上野にあります。

また、テイクアウトできるカフェが秋葉原にあり時間がないときでもコラボカフェメニューを堪能することができます。
コラボカフェメニューを注文することで限定商品をGetすることができます。

posted by SLbec7uK in 聖地巡礼